がんの基礎知識へようこそ

基礎知識,種類,などに関する情報を提供しています。


がんの基礎知識項目一覧


最新記事
がんの治療法

がん治療の代表的なものとしては、手術、放射線治療、化学療法の三つがある。

手術は、
がんに患部を切除するという治療法で、がん治療の主力として知られているが、患者の肉体的・精神的負担が大きいという欠点もある。


放射線療法は、
手術と違い、皮膚を切開する必要は臓器を温存できるという長所を持っている。
放射線はがん細胞以外の正常細胞にも大きなダメージを与えるという欠点も併せ持っており、がんの種類によっては放射線治療が有効でないものもある。


化学療法は、抗がん剤などを用いる療法である。
がんの種類によっては、抗がん剤だけで治癒してしまうものもある。
化学療法は、手術前にがんを小さくしておいたり、術後の再発を防ぐという目的でも用いられる。

抗がん剤には、副作用が強いという欠点があり、脱毛、吐き気、食欲不振、便秘、さらには肝機能障害や心障害といった症状が起こってくる。


また、がん治療といえば、上記の三大療法が一般的であったが、近年、様々な治療法が行なわれるようになっている。

有名なものとしては、以下のような療法がある。
・人体の免疫機能を上げることによってがんをおさえる免疫療法
・放射線の一種である重粒子線を用いてがんを治療する重粒子線治療
・がん細胞を凍らせて殺す凍結療法
・放射線を放つカプセルなどを体内に埋め込むことで内側からがん細胞に放射線を照射する小線源療法
・放射線ではなく超音波を使ってがん細胞を叩く高密度焦点式超音波治療(HIHU)などがある。

この他には、
中国医学の漢方薬や、中国の健康法として知られる気功法をがんの治療に持ち込むといったことも一部の病院で試みられており、一定の効果を上げているといわれている。

 
アトピーに効果的な治療法を考える